2016年09月12日

地獄の20分


僕がカギ屋になりたての頃のことです。


・・・


親戚から電話眼霜がありました。

「カギが無いので作ってあげてほしい。御近所さんだけど困っている人がいるから」

困っている人とは、親戚と同じマンションの3軒隣の女性の方でした。


店が終わってから店から約20km離れている親戚の家に向かいました。

親戚の家に着くと困っている人(Hさんとします)が親戚の家の前で待っておられました。カギを落として家に入れないから時間つぶしで親戚と話していたのかなと思いました。Hさんの家の電気は一切ついてなく真っ暗でした。

Hさんの第一声は
「とにかく早くカギを作って下さい。遅DR REBORN投訴かったら何もかも台無しになります」
でした。

それから
「カギは閉まったままです。どのくらいでカギを開けてカギを作ることができますか?」
とかなり切羽詰った声で聞いてきたので僕は
「解錠とカギ作りで30分足らずでできます」
と答えますと
「大丈夫かなぁ・・・」
と意味深な言葉をはかれました。

とにかく大急ぎでカギをあけ、シリンダーを取り出しカギ作りを始めました。




親戚の家でカギ作りをしていると親戚が今更ながら話を始めました。

「Hさんは旦那さんと別れたいみたいなんだけれど旦那さんは別れたくないみたいで話がこじれてるの。旦那さんはすごく暴力を振るう人みたいなの。Hさんは自分の荷物と子供を引き取って実家に帰りたいみたいなんだけど旦那がそれを許さないようでカギを取り上げてカギを閉めたままにしているの・・・」


・・・冗談じゃないですよね。

もし旦那さんがカギ作りの途中に帰安利呃人ってきたら 撲殺ときどき絞殺 又は 刺殺のち一時射殺 ところにより轢殺か斬殺 されるかもしれません。少なくとも全治3か月ぐらいにはなりよるでしょう。

追い討ちをかけるように親戚は
「Hさんの旦那さんは体に龍とか鯉の絵を描いてる人なの」
と淡々とぬかしやがりました。

ここまで来ると乗りかかった船でした。というよりもう後戻りできませんでした。軽い修羅場でした。

冷や汗をかきながら鑢でのカギ作りを終了しシリンダーをもとの扉に取り付けてHさんにカギを渡しカギが回るかの確認をしました。本当に生きた心地がしませんでした。

地獄の20分でした。


僕は
「とにかく今日はここから早く離れましょう。お代金は明日とりに伺います」
といって逃げるようにその場を去りました。




次の日、前の日と同じ時間くらいにHさんの家に伺うとHさんの家は真っ暗でした。

親戚にHさんのことを聞くと
「今日、早速引越しをしたみたい。迷惑をかけるといけないので行き先を告げずに行かれた。あんたにありがとうといっていたよ」


・・・冗談じゃないですよね。

結局、お代金はもらえずHさんはどこに行ったのかもわかりません。

<ふざけんじゃねえ!!>
と思いながらも気の小さな僕はとり損ねた代金は勉強代だと思いながら帰路の車の中で減っていくガソリンメーターを見ながらますます惨めな気持ちになっておりました。。
posted by oldhh at 12:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

彼女は気質のように美しい靑い

蕙质兰心、いかに美しく優雅な迪士尼美語 價格言葉、これはどんなどんな優しさ、風雅な女子がに似合うの?私が再度歴史のシャッターを歩いて歳月の流れを経て、風雨に浸食され、その素樸な広場の庭に来て、四常に緑、色とりどりの花。私の心の中で、たった一人に合う情景は、ああ、この情景だけかもしれないが、この人を彩る。

院は不況で、無人、無人掃除。それが緑の蘭はまだ緑、記憶して永遠の記憶。これは彼女が若い時代に住んでいた不動院。ここの蘭も可能性は私の先輩――自己記事から、彼らはすでにました。彼女は、今の高層迪士尼美語 價格ビルをどのようによりもその時の平屋庭、一生で最もすばらしい記憶を殘ったその庭に。今日もそれだけかもしれない院に蘭、収集して記憶した。

覚えていて、彼女はずっととてもランカ好き。あれらの蘭も、彼女はずっと世話の、彼女はそれらとは旧知のように。蘭の繁殖力が強い、それが生み出すごとに1つの芽が、彼女を自分の子供に、どの盆も舎てられない、小さな庭はいっぱいで、最後はその種が芽を届けに来て、私は定期的に彼らに、草取り。

子供の時、彼女はかつて私と言って、この生涯は喜何紅花の緑の草、かえってそれらの物はかなりお気に入り清雅。私は知っていて、彼女がいちばん好き蘭、度を竹。彼女は、尋常の花は、みずみずしい艶やかは、一時の景ではない兰竹そばのアウトし、それは四季の常緑樹、風景は無限。彼女は人を外部のものなら生きて、確かに人の世を負輪廻され。むしろ像陶淵明のように、より多くの趣味は山林を辞して閑地につく。陶淵明だった詩「帰園田居」中島:種豆南山の下で、草盛若い葉と莖の稀。朝起きるかに荒秽、持って月出荷鋤帰。道は狭い草木が長くて、夕露私の衣をつけて。衣の不足を惜しむように違いがない。と言っていた彼女と聞いて、聞いた後、彼女は感嘆し、その田園生活はきっとすばらしいだろう。私ははっきり知っていて、彼女はそんな生活が長いした方向へ。

彼女は爱兰竹を熟知して、そしてそれらの気性、薬効。彼女は常に二枚の蘭葉を外して、私と彼女を一人一枚を含むと口の中、時間は長くて、口の中に蘭のすがすがしい香り、話を発音する間にやる気が香り気流に空へ、更に人に更に多くのは1種の清新あっさりして、静かに送るのが遠い感じた後私はずっと誤りを他人では1名の女子蕙质兰心。

実は、私は、じゃなくて、私の心の中で、彼女はやっとふさわしい蕙质兰心。暇な時、彼女は小さな庭に座って、品香茗、賞兰竹詩、相談したり、古今。彼女は私に教えて:非淡泊で誌、非静かで緻遠。今、庭に不景気で、お茶の時間が、場所が変わって、唯変わってない殘りの淡い香迪士尼美語 價格りの兰韵、そして「非淡泊で誌、非静かで緻遠。

今日を今を撫でた歳月の流れの喧騒、撩开時代の潮流の繁華街、私はあの軽悠然と清雅の記憶をスケッチし、再再びそれを描いて、物語のような話がおばあちゃんに聞く。祖母は笑って、私の手を握っていて、窓から外を眺めて満月、淺笑私に言って、その物語のヒロインは私だ。私は月光を見つめ、祖母の笑顔が笑それらもっとの凹凸しわが入り乱れて、思わず不思議な辛酸が湧き、涙はそっと殘し、乾いた涙拭えないすぎて。そう、物語のヒロインは私の祖母。祖母は依然として蕙质兰心、依然として悠々とすっきりして、唯一の相違は昔は祖母に話してくれたが、今は私の話を聞いておばあちゃんに…
posted by oldhh at 10:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

私は自分を嫁いで出る


若い時、私はいつもこのような夢を抱いて、ある日私は自分を堂々と売れて・・・・・・

万裏の山河を結bridal academy 認受性婚、結婚は若い時の腔報復と舞い上がった靑春の年代に嫁いで、激情、長年の精力と水の年月で、私に嫁いで一生黙守の幸せ。

若い時は、私を抱いてそんな夢がある、ある日私は自分を遠くに嫁ぐ。遠くの嫁に行けず、結婚して子供のころの夢たって結婚不変の記憶、結婚記念の靑春;長年の死力bridal academy 認受性を尽くし、成婚して最も美しい年月、嫁いで一生の中で変わらない信念。

年月の時に、私が心に自分といつも思って仲間の一人一人が、それは、私は分かって、もとは生活は大きな魚は許された、生命の中で何かが私たちの旅人。お互い歩いた自分の軌跡は、二度とないからは心のコミbridal academy 認受性ュニケーション。

私は自分を嫁いで出ると私の生命の中の旅人は、彼女たちが教えてくれたすれ違いの意味に・・・・・・

私は自分を嫁いで出ると私の生命の中でかつて現れた一つ一つの弱い生き物、それはわかってきた生命の存在の意味。

私は自分を嫁いで出ると私の生命の中でかつて現れた一つ一つの的の夜、私を味わった人間性の落ちぶれて、私は身はその中で大きな被害を受け、自ら抜け出すことができない。

私は自分を嫁いで出るとすべての陽気の朝、成婚して1粒の朝の露に嫁いで、ごとに1つの夜明けの時、彼らはいつも私の生命の中で最ももろくて弱い時私たちの最大の希望を与える。

私は自分を嫁いで出るとすべての私の愛した人は、彼女たちが教えてくれた愛を愛して、わかりました。

私は自分を嫁いで出るかつて私は痛くて、結婚した人は彼女たちが私には無数の愛と恨みのあえぐ。

知らない、何時、私が自分を堂々と売れ!!
posted by oldhh at 15:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする