2015年06月22日

まだ何か求め

私の生活は山村、長く山村では、これまでも離れなかった山村では、私の心の中で、山村、平板で、無奇、全体の冬が彼女がすぐに半分の時間、彼女は雪愛顧、村の前と後、村の村のほか、目がすっかり雪、すごく込んでいて、まちま香港旅游攻略ちで、全体を覆う冬。

雪押し出し山村、窒息山村、抽出縷縷煙、村へ飛んでいくの村の尾。雀ががやがや庭院のほか、柳の枝、山村は美しい、貧しい彼女から離れ。

山村のない生奧數課程活リズム、競争がないだけ东篱採菊の静かなのんびり。色々、アルバイトしたりして、忙しくて半年、全体の冬も家にいて、演奏でテレビを見て、たとえ1日の生活。

山村で、まるで古詩、ゆっくり噛んで、じっくりと幼兒數學味わうことを知り、彼女の素樸な甘い、善良な。いっしょに歩いてきて、足跡も殘っていない、平々凡々、平凡、やることがないし、簡単の生活、平板な中に見えるのは地味に流れる満足。

昔の忙しい影、衣食だけのかけ声がダイエットの樹海の奥で起伏して、新しい1代伐す木者の二重身分、半農半林、拘一掬の土を鼻の下を聞いてないかつての林ボスの豪快奔放、しょいしょい、響き渡る耳に、漂う記憶の底に。

山村は1冊の本、いくら読んでも飽きません、ページを開くもあなたに感動し、調和のとれた近所、仲むつまじい家庭、変わらないと思って、歴史が長くて。人からのおこぼれを食べる、進百家屋。家事をパーセントパーセント、家族論。知らない、互いに助け合い、この山村の調和がとれて、美しい。

幸せな生活に降臨山村、正月と年の瀬の生活と同じ、広場舞ひねって、赤い燈棚に上げて、赤く染め山村、暖かい空。忙しくて一年も食えない日は私に属しません小さい山村で、口に出せない多く富んだが、とても満足します。日々を過ごし、家庭むつまじい、近所に調和がとれて、まだ何か求め。

山村では私の心の中で、私はどのように説明して、彼女と彼女が親密にしても、彼女との行き来が頻繁に、彼女は私の心を知っているだけ、かわいい山村。
posted by oldhh at 13:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

歳月の世の変転

毎回まだうすぐらいとき、太陽は東方の露出笑ったり、撮って雲顔を赤く染める。靑空の豊かな表情、故郷の川に映る。雲児飄々と、ある団団簇簇;あるものはひとつの子供によだれのマシュマロ;あるまるでうろこ切れ、あるよう天狗ほえて、あるようにパンダの上に座って……

小鳥はぴいちくぱあちく鳴いている、お祝いはもっけの幸い福日が来る。それらを撮っている撲ような翼、竹で、枝の上で小道で、楽しく踊る、旋回に飛んで、時々低いところでうろうろして、時に上空に向かって、それぞれの姿に、それぞれの活躍をレンダリング、新鮮な朝がとてもにぎやかで、一面の動きの中で静かで、一面の静に動いて、暖かいそよ風に伴って、葉がさらさら砂地が鳴っている。

森の中で、葉が揺れる。淺い緑の模様が愛らしく、コンパクトな外観に可愛いの極。それらの太陽の下で大地のために喝採して、活発な影がきらめいている。それらを彩る光の中で昼間、たおやかなラブソングを歌った。小さい草はシャカシャカ。それらがあると朝の挨拶、勤労の婦人たちが手を振る。新しい一日の到来で、それらは祝福;それらを朝の風情万種、塗って心からのお祝いの意味があり、それらをまるでも女性たちの早起きの努力、ロマンチックな体が豊満なと採用の曲線小躍りして歓呼する、拍手。

遠くを眺めると、田舎の魅力的な風景を、ぼんやりしているのベール。煙が軽く、しなやか繊の美。私の故郷では、川に、波のように、太陽の下で、波がきらきらと、震えて悠々と西で行って、いっしょに鼻歌を自然に生き生きとした歌謡、自由自在で行く。陸の水草はふっくらして、多くいくつかの自然の風景、多くいくつか翠の希望、多くいくつかの曲がりくねった展望。

故郷雾锁烟迷、例えば糸縷縷、快刀斬は絶えず、そよ風がない宴会、全体を覆って親切で故郷の胸の中で、霧キス田舎の顔は、煙を田舎の髪。家の軒の伸びをして、故郷の古い;豆腐のビルは1基のまた1基の形、色はそれぞれ異なって、似通っていて、を飾っている美しの裏。田舎はまるで神様の景勝地、得も言われぬ、訴えている古い物語を吐露して、歳月の世の変転。

にこにこ風の音、子供の学校の歩く音が、歩きながらトークの声は、朝は演じている絵画溢れる作品の画面。キャンパスの中で、朗々と本を読む声は、子供のような味を耳に入る、かすかな香りが漂う文字、文章の趣。田舎の朝早く景、詩のように儚い煙、かよわく回る、優柔は漂って、軽い籠霧。遠山、景色はぼんやりして、山色淡い;近く岡田、山草生い茂って、生花茏茏;屋に、竹林は多型、どんどん上昇します;、視界に何本盤竜たくましかっ、独特の木を重ねるに高くそびえ立って、展示している岩のように強く。それらを鍛え百折を経て、承知しない……

聞いて、それはちょっと発音が正確で、節回しでまろやかなきね声远远传来。それで豊かなリズム感、一声、一声、ノックノック服にように、心の中に。いくつかの女性たちは腰携着一鉢の盆服、歩いてゆっくりのペースをくねらせながら渓水岸辺の石の上に向かって。石の上で、いくつかの女性たち家长里短言うなら、、ひとしきりひとしきりのさんざめき、一枚のような甘えちょうど鳴くウグイス言葉、レンダリング朝静かな雰囲気。

女性たちは、清潔な生活のために、素樸な日のために、愚痴を言わないで、直視し生活の中で、1株の「清水出芙蓉、天然に彫刻して飾る」などで、彼女は令時間余裕、一抹の希望を目の前で;彼女の令日輝かしい例えば日、1筋の生命の深い度叩打心;彼女の令視野色とりどりで美しくて、1種の時間の長さを前に飛び込む。歳月の刀多情多义、ゆっくり彫琢に人生の各素晴らしい時期、少年時代の趣味がある妙技;少年の愚かな真情、印の下で跡を殘し、靑年の成長盛りで、ノッチ;壮年の成熟で、深く歳月、老年の暖かさに週到で、挿入時のトンネルをつづけ、タッチ手のひらの温もり。

すべてのすべて、多くの多くは、時間をかけて変えるだけで、1粒の心、1粒の魂係田舎の心は刻まれた記憶の碑は、大胆に忘れは決して忘れないだろう!その故郷の草や木、かつてと子供の春光を伴う、さびだらけの思い出を殘して、あなたの足跡があって、あなたの歳月が、君の笑顔が映った笑いは、あなたの純粋亮潔。覚えている、渓尾ダム寺での厳粛に誓う;覚えている、仏前の誓い、覚えている、風の中の大言壮語;覚えている、恋愛の中の優しい気持ち……
posted by oldhh at 13:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

ブータンでの作物は

日本に衝撃を与えた国。
それは、おそらくブータンだったに違いない。

戦後、貧しい状態から、
経済的に裕福になれば、幸福になれるという構図のもと、
高度経済成長を成し遂げ、
経済的側dermes 激光脫毛面から世界に冠たる国になっていった。

それが、
1998年の国連開発計画(UNDP)の
アジア太平洋地域会議で、
ブータンのジグミ・シンゲ・ワンチュク国王が、
『GNP ではなく、
国民総幸福量(Gross National Happiness, GNH)を我々は追求する』
と語ったことが、
我々日本人の心に、グッと刺さるものを感じた。
彼は、国王となった1972年より、
その理念に基づいた国づくりを心がけていたようだ。
そして、67万人の国民に対して、
毎年、アンケートをとり、45%の人が「スゴく幸福」、
50%の人が「幸福」と答えているという。

ブータンでの作物は、すべて有機農法。
電力も充分ではないが、自然の水力発電。
dermes-hkdermes 激光脫毛子力や火力発電といったものはない。
我々が、できないものがここにあるという気がする。

歴史家と知られるアーノルド・トインビー氏は、

「中世以降の人類の歴史は、神秘主義や宗教の亡霊から解dermesdermes 激光脫毛放され、
特にヨーロッパの国々は、
その空白を近代科学に置き換えていったが、
その後、停滞をもたらした国は、
置き換えるものを持たなかった国と言える」
と語っている。
ブータンもそのように取り残され、停滞した国となったと言える。

ところが、
「隣りの芝は青い」という言葉の如くに、
自然と共なる生活をしているブータンを羨ましくさえ思ったりする。

だけど、よく見ると、今のブータン。
テレビの普及率も低く、
インターネットもあるが、ごく一部の人に限られている。
ほかの電化製品の普及もままならぬ状態だ。
もちろんコンビニもない。

現代の日本人は、そんな生活に満足できるだろうか?
大多数の日本人は、
とても、ブータンで住もうという気にはなれないだろう。

そんなふうに思ってみると、
日本の国民総幸福量(GNH)は、かなり高い!と言えそうだ。









posted by oldhh at 12:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする